自宅でできる効果的なパター練習

pavo 人工芝 パター 練習

今回は自宅でできる効果的なパター練習をご紹介します。

パッティングでは「距離感」と「方向性」が大切だと言われておりますので、それらを向上させるための練習をご紹介します。


■距離感

パットにおいて距離感はとても大切です。距離を合わせることはパッティングの最重要ポイントといっても過言ではありません。しかし距離感は感覚ですから、教えてもらって簡単に身に付くものではありません。距離感を自分のものにするためには、どうすればいいのでしょうか。ここでは、距離感を覚えるための効果的な考え方、方法を3つご紹介します。


①距離は振り幅とインパクトの強さで調節

パターの距離感は基本的にはストロークの振り幅で調節します。長い距離を打つ場合には振り幅を大きく、短い距離になるほど振り幅を小さくします。自分でこれくらいの振り幅なら、この距離といった基準を見つけるようにしましょう。この振り幅に加えて、右手の力加減を意識してインパクトの強さを調節できると、微妙な距離を打ち分けることが可能になります。


②歩測して距離を把握しよう

距離感を自分のものとするには、正確な距離を把握することが大切です。パットを打つ前には、必ず歩測をして距離を測るようにしましょう。一般的な日本人男性の歩幅は約70~80センチと言われています。自分の普通に歩いた時の歩幅を把握して、歩測しましょう。


③自分の基準を持とう

まず、5メートル、10メートル、15メートルなど基準とする距離を決めます。それぞれの距離から何球も打って、その距離を打つための振り幅、強さを体が覚えるまで練習します。そうすることで自分の中で距離の基準ができてきます。自分の基準ができると迷いも少なくなり、距離も合うようになります。また、グリーンの速さは、ゴルフ場によっても、その日のコンディションによっても違います。必ずラウンドの前には練習グリーンで距離感を確かめるようにしましょう。



■方向性

①スパットに合わせる

スパットとは、芝の上にある「目印」のことです。打ち出したい方向に、何か目印になりそうなものを見つけボールを合わせます。スパットの候補としては、芝の色が変わっている所やピッチマーク跡などがあります。注意点は、スパットはあまり遠くに設定しないことです。遠いと合わせにくいですし、傾斜の影響を受けてしまうからです。スパットは、30センチくらい先に設定して、そこにフェース面を真っ直ぐに合わせるようにしましょう。


②ボールにラインを入れる

ゴルフボール用のマーカーを使ってラインを書いておくことで、より狙った方向(スパット)に合わせやすくなります。ゴルフボールにラインを入れるのは、プロをはじめ多くのゴルファーが実践している方法なので、まだ書いていないという方は早速試して欲しいと思います。


③ラインとパターを合わせる

スパットとボールのラインを合わせたら、最後にパターとボールを真っ直ぐに合わせます。

意外とこの作業が難しいので、何度も練習を重ねて欲しいと思います。



パッティングを成功させる2大要素である「距離感」と「方向性」についてご紹介させて頂きました。

人工芝の専門家である弊社が製造したパター練習マットを用いて「距離感」と「方向性」の練習に取り組んでみて下さい。

詳細は是非下記URLからご覧ください。

https://pavo.style/products/ag-practice-putter-mat

x