パターの選び方

pavo 人工芝 パター 練習 マット

パターの購入を検討されている方は「パターは色々な形があって選ぶのが難しい」と思われたことがある方も多いのではないでしょうか?
今回は様々なパターの種類をご紹介し、ご自身にあったパターの選び方をご紹介します。

①ヘッドの形状
ヘッドの形状は下記の3種類に別れます。
・ピンタイプ
・マレットタイプ
・ネオマレットタイプ

ヘッドの形状に関しては「これがオススメの形状です!」というのをいうのが難しいです。
なぜなら人それぞれで形状による感覚が少し違うため、個人差がありすぎるからです。
ヘッドの形状に関しては最寄りのゴルフショップにて一度試打させてもらうのが良いかもしれません。


②ネックの形状
・ベントネック
・クランクネック
・センターシャフト

一般的には、クランクネックはボールを両足の中央寄りにセットする人。センターシャフトは、左足寄りにボールをセットする人。ベントネックは、両者の中間にボールをセットする人に向いています。


③シャフトの長さ
一般的な男性用のパターの長さは、33〜35インチとなっています。パターの適正な長さは、ゴルファーの身長や手の長さよりも構え方に大きく影響されます。ボールに対して自然にパターを構えたときに、ボール位置が目の真下になるのがパターの長さの目安。統計的には34インチを使っているゴルファーが多く、もし迷った場合は34インチを選択しておくといいでしょう。


パターはスイングする他のクラブと違ってヘッドの形やネックの形が様々なため、自分の打ち方に合っていない形を使っていると、なかなか狙ったところにボールが転がらないということになってしまいます。
ぜひ慎重に選んで頂き、自宅での練習では人工芝の専門家の弊社が開発したパター練習マットを活用してくださると嬉しいです!

​​詳細は是非下記URLからご覧ください。
https://pavo.style/products/ag-practice-putter-mat

x